時短料理を実現できる方法あれこれ

料理は時短の時代に

料理が苦手な人

そもそも料理が苦手な人にとっては、時間をかけて手間をかけて、料理を完成させるために様々な道具を使って、火を使って、と、作業の多さにうんざりしてしまいます。
簡単に作れるものでさえ億劫なのに、手間をかけて作るものはハードルが高いですよね。
料理を始めると、完成するまで長い時間キッチンに拘束されるのも苦手な理由の一つです。
買い物を済ませて帰ってきてからのほんの少しの時間に、下ごしらえをしておけば、手間も時間も分割することになります。
大きな一仕事ではなく、細切れの作業にしておけば、全てのやるべきことの規模が小さくなり、ハードルが低く感じるはずです。
また、調理自体をもっと効率的に行うことができれば、苦手な料理も減るはずです。
料理が苦手な人にとっても、時短料理は助け舟になるわけです。

どうやって楽するのか

料理の工程を思い返してみると、何かをゆでたり焼いたりするたびに、新しい鍋にお湯を沸かしたり、フライパンを何度も洗ったりと、作業が重複していることに気付きませんか。
一度に済むように、ゆでるものをまとめて作業したり、フライパンを仕切って複数の素材を焼いたりと、工夫することで作業と時間を短縮することができます。
そのためには、献立を前もってきちんと決めておくことが必要です。
基本的な事ですが、実は結構大切なんですね。
もっと簡単にするには、最終的にすべての材料を合わせて一つの料理を作るわけですから、全ての材料を始めから一緒に調理してしまうことも、料理によっては可能です。
そういった料理を集めたレシピ本もありますので、参考にしてみてください。