時短料理を実現できる方法あれこれ

便利な調理器具は最大限に活用

電子レンジは必要不可欠

電子レンジで加熱できるシリコン容器や、パスタをゆでる調理器具など、レンジ対応のものはもう当たり前になりました。
そうした便利器具が付録になっているムック本も人気がありますね。
時短料理に必要不可欠なレンジ自体もとても進化していて、温めだけでなく調理ができる機能が標準で付いています。
説明書の他に大抵レシピ本が付いていて、その通りに作ればメイン料理もサイドメニューも手間いらずで作ることができるようになっています。
メーカーは誰でも簡単に本格的な料理が作れるように研究したうえで販売していますから、安心して参考にできますね。
単身世帯は特に、ガス台がなくてもレンジだけはある、というところもありますから、現代の三種の神器の一つになるかもしれません。

時短じゃないけれど放っておける

保温調理器は、材料を入れて加熱後、保温しながらゆっくりと熱を入れていく調理器具です。
スイッチやタイマーが付いているので、加熱しすぎも防いでくれます。
主に煮込み料理や火が通るのに時間がかかる食材の調理に向いています。
利点は、ずっと火にかけておくわけではないので、放っておけば料理が出来上がる点です。
調理時間自体の時短にはなりませんが、手間がかからないのでその間に別の作業ができるようになります。
種類も豊富で、内鍋を直接火にかけるタイプや、レンジ対応のものもあります。
火や電気を使う時間は短時間なので、危険も少ないですね。
ただし、煮詰めたりするのには向いていないため、味付けをするときには注意が必要になります。